2020年03月20日

キヒノヴィッツのミトン

キヒノヴィッツのミトン1.JPG
キヒノヴィッツのミトン。
フェリシモキットです。(ラトビアの…中略…三角あたまミトン)

キヒノヴィッツの編み方、やっと理解できました。
裏側で渡る糸を前に持ってきて、2色の糸を下から渡すのを交互に繰り返すこと1周。
糸がねじれまくって編みにくくなるのをひたすら耐えて
次の段で今度は上から渡すのを交互に繰り返すこと1周。
そうするとねじれがきれいに解消するという面白さ。

可愛いのでセーターの袖口とかにあしらいたいかも。
posted by もみじ at 20:41| 北海道 ☔| Comment(2) | 編み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キヒノヴィッツ、可愛いですよねえ。北欧の編み物らしい感じがします。
きれいに編めたら、すごいストレス解消になりそうな予感(苦笑)
Posted by しろママ at 2020年03月22日 14:30
☆しろママさん
思い切ってやってみてよかったです。
2セットくらい編めばなんとかマスターできそうです。
2色の糸を裏編みで交互に渡り糸が斜めになるように横糸渡ししていくだけなので、左利きでも問題なく編めそうですよ。
Posted by もみじ at 2020年03月27日 15:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。